サラスヴァティ 弁財天 画

275,000円(税25,000円)

購入数

この作品は、弁財天サラスヴァティを描いた極上品の肉筆細密画です。
サラスヴァティは、日本で弁財天として知られ、芸術全般、豊穣、学問、智慧、財産、幸福、音楽を司る神様として親しまれています。
緻密な筆使いと豊かな色彩で、神聖なる存在が見事に表現されています。

金彩をふんだんに使用し、細部まで精巧に描かれたこの作品は、職人技を感じさせる美術品です。
金彩の光沢は、作品全体に神秘的な雰囲気を与え、観る者の心を引き込みます。

サラスヴァティの姿は、優雅で落ち着いた雰囲気を醸し出し、その神聖さと力強さがバランスよく表現されています。
作品には、彼女が司る芸術、学問、幸福などの要素が巧みに組み込まれており、見る者にインスピレーションを与えるでしょう。

この作品は、リビングルームや書斎、オフィスなどの空間に飾ることで、芸術的な魅力と神秘的な力を感じられるインテリアアイテムとして最適です。
また、ギフトとしても喜ばれること間違いなしの逸品です。

作品の本体サイズは約47x38cmで、額サイズは約76x60cmです。

額装はしておりますが、額の箱は御座いませんので、ご了承ください。

サラスヴァティ(Saraswati)は、インド神話の女神であり、知識、芸術、学問、音楽、言語などの知性や創造性を司るとされています。ヒンドゥー教では、ブラフマー神の妻として知られ、非常に重要な女神の一人です。
サラスヴァティは、創造性と知識の源泉であるため、詩人、学者、音楽家などによって特に崇拝されています。

日本では、サラスヴァティは弁財天という名前で知られており、芸術全般、豊穣、学問、智慧、財産、幸福、音楽を司る神様として親しまれています。弁財天は、日本の七福神の一人としても知られており、縁起物や神社仏閣でよく見かける存在です。